読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yutaponのチャリ日記

自転車関係の記事を書く場所

Festive500に参加してみた【2016】

Festive500とは

12/24〜12/31までの8日間で500km走ろうってイベント。
Raphaが主催していて、2010年から毎年開催されてる。

一昨年このイベントを知って、予定も無いし参加しようってことで参加してみた。

参加するにはStravaにアカウントを作って(無料)、Festive500のチャレンジに参加してGarminとかのサイコンのデータをアップロードするだけ。
ちなみにZwiftなどのバーチャルで走ったものはカウント対象外なので注意が必要。

www.strava.com

500km達成すると記念のワッペンを貰えるかもしれないとのこと(数に限りあり)。

Rapha | Festive 500 2016

戦略

カレンダーを見るとこんな感じ。

12/24 (土) 12/25 (日) 12/26 (月) 12/27 (火) 12/28 (水) 12/29 (木) 12/30 (金) 12/31 (土)

月火は仕事で走れないので、6日間で500km走れば良さそうだ。

自分の場合、視力があまり良くない裸眼の上にアイウェアをしてるので走れるのは日中だけになる。
冬の日照時間的に走れる限界は130km前後になるので、1日100kmを目安に走っていくことにした。

6時間くらいで100km走れるコースは荒川サイクリングロードしかなかったので、風向きによって上流に行くか下流に行くか決めて適当に走ることにした。

準備

この時期の気温は5〜8℃くらいとむちゃくちゃ寒いので防寒対策が必須だ。

今回一昨年買ったRaphaのClassic Softshell Jacketが大活躍した。これが無かったら寒すぎて途中で辞めてた。

Classic Softshell Jacket | Rapha Site

ちなみにこのジャケットはもう廃盤になっていて、SoftshellとHardshellのいいとこ取りしたジャケットにリニューアルされている。

インナーに同じくRaphaのメリノベースレイヤーを着て走ってたけど、昼ごはんを食べて走り出したときに汗冷えして凍えてた。
この辺は次回改善したいところ。

あと3年くらい使ったEdge510の感圧ディスプレイが反応しなくなったのでEdge520を新しく買った。
日本語版じゃなくてもよければBikeinnが最安だったのでバンドルパックをポチ。
ちなみに関税でプラス1500円した。

Garmin Edge 520 Pack購入、特別提供価格、Bikeinn

挑戦してるところ

晴れの日が多くてとても走りやすかった。








トータル507kmで達成

500km達成すると「Rapha Festive 500 やったね!」ってメールが来るので、そこから適当に申請しといた。

507km走っての最終結果は全体で 11,897/69,061 だった。
国別だと 612/2,795 で、年齢別だと 2,552/17,060 とかデータが面白い。

ランキング1位の方は8日間で3000km弱とやばい。
2位のアマンダさんに関しては年間走行距離がやばい。
世界にはいろんな人がいるなーと面白かった。

Rapha Festive 500

振り返り

とにかく膝痛がキツかった。
去年はFestive前で年間走行距離が600kmしか無かったので全然走れてない年だった。
11月から走り込んで身体作っておけば膝痛も無く楽しく走れたかもしれない。

反省したので仕舞ってあった固定ローラーを出してZwiftでもやろうかと思っている。
Zwift | インドアサイクリングを最高に面白く。

荒川CRの下流側は人が多くて危ないイメージがあったけど、冬はあまり人がいなくて走りやすかった。
30kmノンストップでペダルを漕ぎ続けられるので距離を稼ぐのに良かった。

おわりに

家でぬくぬくしたい気持ちに負けずに朝から外に出て100km走るって経験でメンタルが鍛えられた。
でも1月は暖かい室内でZwiftを楽しもうと思う。

追記:ワッペンが届いた

頑張ったことが形に残るの良い。

沖縄で古宇利島目指して走ってきた

2016年9月24日に沖縄を自転車で走る機会があったので、古宇利島目指して走ってきた。

はじめに

今回の旅行は9/22に沖縄着、9/26には東京に戻る日程で、9/24だけ自由行動という予定だった。
せっかく沖縄に行くんだし、次に沖縄に行く機会がいつになるかも不明だったので自転車を持っていくことにした。

飛行機輪行

初めての飛行機輪行だったのでめっちゃ調べた。

沖縄までどうやって自転車を持っていくかだけど、2通りしかない。

  1. 飛行機輪行
  2. 宅配便で現地に送る

2の宅配便についてはいろいろ検索すればでてくる。
飛行機輪行をする理由は安く済ませたいからだ。
という訳で今回は飛行機輪行をして沖縄に行った。

飛行機輪行の注意点

飛行機輪行をするにあたり、以下の点を考慮しておくと良い。

  1. 自転車を含めて手荷物の重さの合計が20kg以下になるか
  2. 自宅から空港までどうやって運ぶか
    • リムジンバスを利用する場合、預けられる基準サイズに適合するか
  3. フレームに傷がつかない梱包ができるか
  4. 現地でレンタカーを使う場合、車に入る大きさか

悩んだのは自宅から空港までどうやって運ぶかだった。
当初は空港宅配便で自転車を空港まで送ろうと考えていたが、JAL ABC宅配では国内線に送ることができなかった。

ということで、自転車はリムジンバスに乗せて、一緒に持っていくスーツケースをクロネコの空港宅急便で送ることにした。

次にリムジンバスに乗せられるサイズが問題になった。

このページの通り、サイズ 縦50cm 横60cm 長さ120cm に収めないといけない。

自転車は荷物として預かってもらえますか?|よくあるご質問|リムジンバスの東京空港交通

この基準に乗っ取るなら OS-500 は適合しないので、この薄い輪行袋を使うことにした。

grunge(グランジ) キャリー 輪行袋 ブラック

grunge(グランジ) キャリー 輪行袋 ブラック

でも今思えば厳密に大きさを測っていないので自転車をしっかり守れるOS-500でも良かったなと思う一方で、OS-500は重さが2kgあるので重量制限に注意したい。

OSTRICH(オーストリッチ) OS-500トラベルバッグ [ブラック]

OSTRICH(オーストリッチ) OS-500トラベルバッグ [ブラック]

続きを読む

しまなみ海道を走ってきた

【>>> 追記始まり】

記事の引っ越しをした。 もとの場所はここ。

しまなみ海道を走ってきた - yutaponの日記

【<<< 追記おわり】



11月(2015年)の3連休にしまなみ海道を走ってきた。

本当に最高の体験だったのでブログに残しておく。

準備

普通なら東京から広島まで新幹線で輪行するところだけど、今回は幸運にも車にロードバイクを積み込んで向かうことに。
予報では昼の気温は20度くらいまで上がるらしいけど、夜はそれなりに寒くなるので服装に気をつけたい。

しまなみ海道は75kmくらいらしいので、普段荒川に行くような軽装備で行くことにした。
またどうせ走るなら一眼で写真を撮りながら走りたいので、背中に一眼だけ背負って走るスタイルにした。

目標決め

ただ走るのでは面白く無いので、有名スポットに立ち寄りながら走ることにした。

ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド3にしまなみ海道編が載っていたので前日にさらっと予習をした。
(さらっとなので15分くらい。もっとちゃんと読み込んでおけばよかった!)

『ろんぐらいだぁす!』ツーリングガイド (3)

『ろんぐらいだぁす!』ツーリングガイド (3)

それで立ち寄るスポットをリストアップ。

  • はっさく大福
  • 大山神社
  • ジェラート
  • あの有名な石碑
  • 無事完走する

最後のはスポットじゃないけど一番重要。大体の目標を決めていざ尾道へ。

続きを読む